虎になってから

まだ深くいじってないので、パンサーとのあんまり差が分かりません。
 Dashboardは元々Widget(Confaburatorだっけ?)入れていたので、なんか却って不便になったような気にさえなります。だって、前のは常時表示させたりできたんだもん。DashboardはF12しないと表示してくれないんですよね(<この辺、なんか常時表示させる方法があるのかも…)。不便です。
 iSyncは.Macの容量がデカくなった関係上、便利になるでしょう。
日常的なデータは意識しなくても全部こっちに定期的にバックアップできそうです。(ただし、Mail使ってる場合のみだけど)
 Spotlightは思ったより時間かからず索引作れたみたい。
実際のパワーは試してませんが…。(データ整理したばっかりだし)これがデータぐちゃぐちゃになった場合にどうなるのか、それが見物かもしれませんね。
 そいから、今回iWorkとiLife入れてみました。
で、さっそくiPage使ってみたですが、重かった…。画像貼付けたせいかもしれないですが、これ駄目だよ。パワー足りないのか?
エディタで先に文章書いてから、流し込むとかそういう風にしないと私のマシンでは使えそうにないです。
まあ、でもWordよりはマシかな。Word+PowerPointという感覚でレイアウト可能なので、融通ききそうです。今までPowerPointで作っていた文章をこっちで作れるようになると良いかも。
 一般的なところでは、今のところ、という限定ですが。
Finder操作は早くなった気がします。くるくる回る事が少なくなったかな。それからことえりがちょっと便利になったかな。
Dictionaryもそれなりに便利でした。ちょっとスペル確認するとか、そういうところで使えそうです。
(日本語対応してないので、誰か日英、英日とかのデータ作ってくれると非常にうれしいなあ。サードパーティで売ってくれるのでも良いかもしれない)
 私的には、iTunesで掛かってる曲の歌詞やら、CDのレーベル探して表示してくれるDashboardが結構良いかもと思ってます。
これなら歌詞カードなくてもカラオケの練習できるわ(笑)
 トラブル的には、やはりというか。
Norton先生が起動時にトラブってます。対応バージョンにアップグレードしないとだめみたい。どうせサポ-ト期限切れるので、アップデートする予定だったので、近日中にアップデート予定です。
それから、周辺機器でフル機能が使えないのもあり。
HPのOfficejetなんかも印刷はできても、ファックスはできないとか制限ありです。EPSONとかの一部機種も機能制限ありらしい。
単に印刷するだけならOKなんですけど、機種独自の機能を使用するところで制限がつくようです。この辺りは、どこも近日中にドライバのアップデータを公開して対応予定らしいです。
 今のところ、Classic環境を入れていないんで、その辺の不具合は不明。いい加減、PageMakerがOS-Xに対応してほしいところですけど(そうでないと、やはりClassicを入れないとならなくなる)、Adobeはどうするんでしょう。InDesignは高いし、高機能すぎるので PageMaker程度で十分なんですけど…。
いっそ死蔵品になってるPowerMac7600を生き返らせて、こっちでPageMakerとかは使う事にして、虎とはClassicを共存させない方向で行った方が良いんでしょうかね(HDDの容量も危ないし…)。埃払って、ちょっとPM7600を整備してみよっと。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。