カルチャーセンター

というものに入りました。
ヨガ目的だったのですが、ついでに(?)前からやってみたかったゴスペルの講座にも参加。
今日が初めてのレッスンでした。
が、初めてと言いつつ、なんか常連さんが多いらしく、すでに和気あいあい状態で、しかも講師の先生が若いせいか、ノリが若い。講師の先生の手伝い(?)兼パートリーダーぽい感じの方も若くて、しかもさすが(?)ゴスペル、非常にAmericanかつFriendlyにしてFrankなノリ。
生徒の方はそれほどでもなく、定年退職後みたいなおじさんや主婦みたいなおばさん方もいました。
カルチャーセンターは大昔大阪で弓道やっていた時以来なので、全然雰囲気違う感じでした。
しかも、ノリがノリなので(?)、交流会というのを次回のレッスン前にやるそうです。
毎回、講座が始まるとやるそうで…。
なんか、学校のサークルのノリ?
まあ、ゴスペルは歌っていても聞いていても、気持ちが良い歌が多いので、楽しいから、まあ良いや、という感じでした。
とりあえず、口の筋肉すごく動かしました。
ゴスペルって、歌ってる人、すごい口開けて、歌ってますよね。
(顔の半分、口か?って位。すごいよ。しかも響く!)
それ式で、まずは準備体操、お口の体操から入って、発声練習と進みましたです。
しかも、歌詞カードはあっても、音符がどこにもないっ!
楽譜の無い曲なんですよ(いや、一応はどっかにあるのかもしれないけど。聞き取りっていうか、聴音すればいい訳だし)
要するに耳伝えなのですね。
先生が歌ってみせて、それにあわせて行く。
一応三声なんだけど、調が微妙にずれていてもOKな感じ。
しかも、声にビブラート掛けたり、いろいろな歌い方があったりして、所謂合唱とは違っていて、それも面白いですね。
Aretha Franklinの歌とか、フォスターの歌とか好きなので、いい感じです<この辺は持ってる。黒人霊歌とかね
さっそくiTMSで曲仕入れようと思います(笑)
しかし、腹から声だすと、やっぱりすっとするわ~
ってか、今日は初回だったのでちょっと遠慮気味…
次回以降から、頑張って声だそうと思います。
久々だから、きちんと腹から出す発声出来なくて、その前に喉が枯れるかもしれないけど…<一番ダメな発声法。中途半端で…
まあポップスとかアイドル系の曲はみんな喉で歌う歌だけどね。そして、そういう歌い方でないと、なんか変になる…。だから苦手なんだな…(涙)
中途半端になっちゃって…
声を喉でつぶす歌い方、それで長時間歌えるってのも凄いと思う。
私は喉弱いからダメだ…

Follow me!