銚子の思い出

 銚子電鉄には乗ってないけど、出張で一時期銚子に通いました。
日帰り出張…。できるんだけど、東京駅でそのまま中央線に乗りたくなりましたよ(夜7時くらいに東京駅に着いて「直帰しちゃだめですかぁ~?」と聞くと課長に「ダメ。仕事の続きあるでしょ?」と言われ泣く泣く東海道線へ。
哀しい思い出でした…。
 銚子まで行っても、結局一度も『観光』はしてません。
せんべいも食べてないよ(泣)
郵便局探して、町をさまよった記憶はあるけどね。
一時期は、「銚子に泊り込み?」とか言う状況もありましたけど、結局通いました…。とても哀しかったです…
 一度、ぜひ「観光」に行きたいものです…
※銚子って、「澪尽し」の舞台なんだよね。
 沢口靖子のデビュー作でNHKの朝の連ドラ。
 

Follow me!


銚子の思い出” に対して 4 件のコメントがあります

  1. 銚子電鉄に遊びに行ってね

    今回はローカル線の旅の番外編として、銚子電鉄からのお願いを掲載します。 いま銚子電鉄では、資金不足に悩み、電車の修理代の捻出もままならないとのこと。 銚子電気鉄道(トップページの下半分の方に情報あり) http://www.choshi-dentetsu.jp/ ぬれ煎を買うのもいいの..

  2. トシ より:

    初コメです、よろしく!
    う~ん、銚子に日帰りで出張して19時に東京駅に戻ったうら若き女性に直帰を許さなかった課長って、サドだね(^^;
    まあ、海子さんがマゾだったらそういう命令はとても嬉しいところなんだろうけど・・・これも人の縁ってことかな(--?

  3. 海子 より:

    >トシさま
     初コメありがとうございますvv&宜しくお願いいたします!
     当時は鬼がいっぱいの職場でございました。(うら若い女性、とのお言葉、なんだか妙にムズ痒いような…。ええワタクシ、そういう微妙な(?)お歳でございます)
    19時に東京ということは、その後会社に戻ったら、「徹夜@会社確定」ということで、翌日もう一度銚子に行く場合何ぞは、始発で一度帰宅して、そこから出張to銚子なんて事もありました。
    自分マゾじゃない(はず)んですが、徹夜当たり前、「今日は終電に乗れる~~ラッキー\(^^\)(/^^)/」というノリでしたので、少しマゾってたのかもしれませぬ…

  4. トシ より:

    なんか、コメントのカウントおかしいのかな(--?
    まあ、それはいいとして、鬼の職場なんだ?
    死ぬほど無理するもんじゃないけど、若いうちにほどほどの修羅場を何度かくぐってくると力がつくから、結果オーライみたいな(^^?
    今度の機会に、もっといい仕事と場所を選んだらどうかな?
    最近はいろいろ選べるようになってきてるし、DBを1つ経験すると選択肢がグッと広がるから
    海子さんはいいものを持ってるので、チャレンジ精神とバイタリティーを活かすといいと思うよ・・・それと、うら若き乙女の心もなくさないようにね!(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。