いまさらですが、川原泉教授の笑うミカエルiconが映画化されていたそうです。
昨日初めて知りましたよっ!
感想その一「しらんかったっよ!」
もっと宣伝してくれよ~~~!
っていうか、上映期間がちょうど私の最悪の時期と重なっていたのも悪かったのでしょうけど…
マジ「知らんかったよっ!」な心情でがっくりです。
見たかったよ。映画館でね。
幸いにもDVDも発売されてレンタルもしてるようなので、そっちで見ようと思います。
川原泉(以下カーラ教授)は私の大好きな漫画家で、そのなんともいえない作品の雰囲気が最初の「ジュリエット白書」(投稿作で賞取ったんですよね。その後リメイクさえて単行本にも収録されてます)から大好きでした。
なので、カーラ教授の代表作の「笑うミカエル」が映画化なんてっ!
しかも、アニメじゃなくて実写ですよ。(いや、あの雰囲気はアニメ無理だろうけど…)
「見たかったよ~~~もうやだ〜(悲しい顔)」というのが一番の感慨です。
そういえば、デスノの2作目も映画館に見に行ってません。
これもDVD待ちか?
こちらはメジャーなので、まだ映画館で上映してるでしょうから、今からでもOKでしょう。
駅前の映画館もリニューアルしたようだし、見に行ってみるかな。
そうそう、あの失敗作ゲド戦記の(原作ファンとしては限りなく「何これ?」な感じ)主題歌を歌っていた女の子の新作がiTMSで公開されてました。
どうだろうか…。私的にはそれほど印象に残る声でもなかったんですけど。(第一に声が細くてそれほど澄んでるとは思えなかった。思春期のどこでもいる少女の声と思ったんですけど…)
それよりはエンヤとか、かのアリサ・フランクリンとかそっちの方がインパクト大だよ。
先日、「You Are Loved」(Josh Graban)を聞きまして、うわ~~っと動けなくなりました。すごいよ。聞いてて、心まで届きますです。
特に今の私には、思わず泣きそうになったよ。
すごい。あの細身からあの声、あの響き。すごいです(T-T)
人の声って本当にすごいって思わせる歌い手の一人ですね。