ちょうど一週間で退院ということになりました。
木曜日に退院です。しかも、10時に追い出されます…
ホテルより扱いひどっどんっ(衝撃)
二週間は大人しくしていてね+運動は二ヶ月我慢してね(いや全然我慢なんてしませんが。むしろラッキー)、だそうです。
入院前の生活に戻るのは二三週間待ちましょう、といわれましたが、「SE」とかじっとしてる仕事ならすぐ復帰してOKだそうです。
でもさ、普通のSEはじっとしてる仕事に行く前に過酷な通勤ラッシュを耐え抜くんだよ…。傷開く可能性あるのに、そんなキケンなところへ赴くのは難しいんで無いでしょ~か…たらーっ(汗)
とりあえず、今日も明日もシャワーは使えるようです。
寝不足さえなければ楽チンです。
(枕が変わると寝れない繊細なワタクシには、病院のようなところはあわないようです。って何か違う?爆弾
しかも、昨日入院してきたお隣さんとかがイビキとネゴトの二重奏を奏でることが判明。もう絶対無理、寝れないよ。
というわけで、病院で寝不足です。昼間寝てるけど、うとうとする程度だし…。夜は二時間おきに起きてるし…(そのくせ、起床は6時だしさ)
とりあえず、頼りになるのはミニベル(愛犬のぬいぐるみ、睡眠必需品。ワタクシの「ライナスの毛布」ですわ)だけというの過酷な状況は薬物をもってしても耐え切れないということが分かりました。
今後、入院するようなことがあったら、「お宅の枕はどんなんですか?」と聞いてから決めよう…
(でもさ、睡眠の質とかいろいろ話題になってるこの時代、病院だって、枕の選択が出来たって良いとおもう。せめて「ソバガラ」「綿(ポリ)」とか。歯ブラシみたいに「かため」「ふつう」「やわらかい」とかあれば良いと思う)
まあ、でもこんな悠長な事言ってられるワタクシは非常に幸運なのでしょうけどね。逆に言えば、そこしか不満がないわけですから。
(PCだってベットの上で使えるし、PHSもOKなので、ネットにアクセスするのに通信速度というネックがあるにしても、まあとりあえずはちゃんと使えるわけですから)
第一、全然危機感ないもんね、ワタクシ…
今日なんかお友達が来てくれて、美味しいムースを差し入れてくれたので、甘味もばっちり食べてるし!
却って、退院後の方がいろいろ面倒そうだわん。


しかし、良く考えると実家に強制連行されてちゃダメだよ。
実家の私の部屋は二階だよ!階段上れない!
ついでにトイレも、ウォシュレットじゃないっ!
よしっ手(グー)
この線で抵抗することにしようっ!
明日の朝、母に電話するぞっと。
月末に蓼科行くのには一緒に行くからということで許してもらおう。
っていうか許してくれたら良いな~
許してくれないかな~あせあせ(飛び散る汗)