WWDCでWindows版Safariの英語版ベータが発表されたので、早速落として使ってみました。
結果…
「ダメだ…orz。全く使えねえ…」
とにかく日本語表示が壊滅的に不可能なので、そこでもうストップ。
せめて、自社サイトくらいまともに表示するのかと思いきや
「これもダメか…(T-T)」
英語版というか、英字コード以外非対応(フォントも英字フォントしかまともに指定できない)とした方がいいでしょう。
とにかく文字が全く表示できないわけだから。
(英字の部分+画像のみ表示して、あとはスカです。Mac版のSafari英語版は日本語だって一応ちゃんと表示します)
二バイトコード対応にするにはまだまだ長い道のりがあるのかなあ…
ベータということなので、正式版になる頃には英語版でもいいから、日本語文字コード対応を望みます。
っていうか、対応して無いと日本人使えません…
きちんと使えるようになったら、.Mac経由でブックマークの共有というかSyncも出来るようになるんだろうか…。
そうなったら、私のようにMacとWinを両方使ってる人にはとてもとても便利でもう切り離せなくなっちゃうと思う。
そういう風に進化して言ってくれることを希望!です。
とりあえずは、「First Step on the Windows NetBrowser」ですね。これが「Big Step」になってくれると良いな。
IEの寡占状態による、IE以外非対応サイト堂々宣言とかいう妙な主張のサイトが少なくなってくれると良いなあ(っていうか、そういう人はそもそもIE以外にブラウザがあることを知らなかったりするので、そもそものお話にならない場合が多くあるんだけど…。ネット=IE、メール=OutlookExpっていう変な認識を覆してくれると良いのですが…。ま無理だろうなあ。そういう人はそもそもそういうニュースに触れないから…)