いきなりというより、「あ~、やっぱり…」感が強い、久々の衝撃的ニュース。
街でも号外が舞ったようですが、反応は様々の模様。
何より、「お気の毒に」という同情を感じ得ません。
就任からして、「早すぎ」と言われ、恐らく後5年くらい経ってから総理として立てば、かなり良い仕事をしてくれたのではないかと思うのに、小泉さんのエゴで強引に押し切られ、抵抗勢力反撃の矢面に立たされ、お友達にも裏切られ(というより次々にはたき落とされ)国内でも自民党内でも孤立無援。
擁立の際、反対が出なかった、という事で、逆に「これで俺たちの天下だ。安倍なら軽くひねれる」と老獪な古狸、抵抗勢力などなどいう思惑が見え見えでしたが、まさにその通りになりましたね。
周辺のお友達と頑張ろうにも、次々と脱落させられ、待っていたかのようにジャストタイミングで公表された年金問題、その結果選挙で惨敗、その責任を追わされ、今度は周りを古狸に囲まれ、動きも取れない状況。
誰にも援護されない国会でも、一人で頑張って来たけれど、もう力尽きた、というところでしょうか。
正に『幸運な総理』だった小泉さんに対して『不運な総理』としか言いようがないですね。
厚生労働大臣と言えば、小泉さんだってかつてそうだった訳だし、所謂厚生族もいっぱいいるでしょう。過去にこの問題を知りうる立場にいた人々は何の責任も取らず、ぜ~んぶ安倍さんに押しつけ。選挙だって、あれだけ党内が混乱していたら負けるの当たり前でしょう。
(民主党は、さぞかし戦いやすかったはず。何でも批判すれば大当たりなんだもん)
安倍さんには恐らく理想とか、政治に掛ける情熱とか、いろいろあったと思います。
それが、若すぎる(=経験が少なすぎる)内に立ったせいで、就任から徐々にその意欲とか情熱とか理想とかが手の中からすり抜けて、(自分の力不足による)打破しよいうのない現実に打ちのめされ、ついには折れてしまったんでしょうね。孤立無援で良くこれまで保ったものだ、と思います。
いっそ参議院選挙の後に辞めてしまう事ができれば、ここまでダメージを負わされる事なく、スムーズに逃げる事ができただろうに。
今夜は『抵抗勢力』はきっと高笑いしながら祝杯をあげる事でしょう…
郵政反対組が復党して、麻生さんが総裁に立ったら、日本、また派閥政治に逆戻りですね。
ばっちり官僚やらナントカ組合とかと癒着して、金の問題も表に出なくなって(表にでないだけになる。少なくとも表に出るだけまだマシだったのに)、なんだか訳の分からないうちに訳の分からない法律が作られて、地域の復興対策とかってばらまき政治が戻って来て、国債は増加、そのくせ何処ともなく消える公金は増えて、うやむやのうちに「日本って平和~」って事になるんでしょう。
改革路線と、安倍さんの若さに期待していた人はかなり多かったと思うけど、全部裏切られちゃった訳ですね。小泉さんは裏切って、安倍さんは期待外れ…
改革なんて全部巻き戻される事でしょう。
なんか、絶望的?
このまま日本は何処へ行くんでしょうね…
※これで日朝会談ばっちり成功!とか言うことになったら、更に笑うしかない事態ですね。