封印されていた(没収とも言う…(/_;))iMacを約半年ぶりに愛でています。
やっぱり、Mac良い!!
というのはまあ置いておいて。
久々に起動したら、まあ、様々なソフトがバージョンアップされていて、「バージョンアップしてください」だの「ライセンス更新してください」だの「ソフトウェアアップデートを実行しますか」だのもろもろの窓がたくさん出て参りました。
半年で、いろいろあったもんなあ~と感慨深し…。
AdobeCS4も、ATOK 2008 for Macも、VMware Fusion 2も出た。iLife ’09iWork ’09も出たし…当たり前ですが、iMacもニューモデルが出た…)
そして、何より最重要!
ノートン先生の期限が切れていた…orz
久々にスキャン掛けたら、まあ~「最新ウィルス定義ファイルがダウンロード出来ません」ですと!
そういや、ノートン先生の進化版(ノートン・インターネットセキュリティ Mac 版)が出ていたなあと思い出しつつ、更新サービス延長とどっちが良いか検討して、結局ノートン・インターネットセキュリティ Mac 版をゲットしました。
ノートン・アンチウイルス for Macとノートン・コンフィデンシャルが一体化したらしくこれはこれで楽になったので。シマンテックストアへ行ってポチッとしました。
ノートン・インターネットセキュリティ Mac 版でスキャンしたら、早速いろいろ見つかった模様…orz
(まあ、大抵はCookieとかだけど)
速度とかの向上は比較対象のデータが記憶に無いので(^▽^;)、分かりませんが、操作性は上がってますね。
AnitiVirusとConfidentialが一体化してるので、設定もしやすいし分かりやすい。
使いにくかった情報ガード機能も分かりやすくなっていて、ようやく活用出来ると言う感じですね。
ただ、やっぱりWinows版と比較すると、機能が劣るなあと感じます。特にノートン360バージョン3.0を使用していると、フィッシング対策機能、パスワード保護機能などかなり便利な機能が多く搭載されてきているので、値段と機能を見ると、ちょっとコスト高い気がします。
信頼性も実績も自分の経験的にもノートン先生がベストチョイスと思っているので、これからも必須で有り続ける事には変わりないはず。
私の中で「パソコン買ったら、ノートン入れる」という不文律があるわけです。
だからこそ、ノートンの原点であるMac版を忘れないでほしいなあ、と思うのです。
時期バージョンの際には、その辺を期待したいです。
—-

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview