Gyao視聴環境覚書(続・マカーだってGyao見たい)

iMacが戻ってきたので、いろいろいじり中。
で、GyaoなどのDRMつき動画見るのにどうすりゃ一番楽か試してみました。
とりあえずBootCampがベストなんだね結局という想定通りの結果と相成りました。
ちなみに環境は以下の通り
ハードウェア:iMac24inc Core2Duo2.4GHz 2Gメモリ
OS:MacOS10.5.7
   WindowsVistaUlt SP2
回線:Bフレッツ+Asahi-net
視聴番組:ShowTime、Gyao
1)BootCamp ◎
とりあえず、一番無難かつ快適(Vistaのスコアも一番高かった)
映像が途切れる事無くフルスクリーンにいても快適視聴可能
2)VMware Fusion 2(BootCamp) ○
費用:約25,00円~(Mac でデュアルブートシリーズ:VMwareFusion+増設メモリ+WindowsVistaDSP版のセット商品)
まあまあ見れる状態。途中コマが飛んだり途切れたりする事有り。
フルスクリーンにするには無理があるかなあ…
これもMac側のメモリを4Gにしてやったり、最新のMacでグラフィックアクセラレータ高機能版とかバリバリに入ってるものなら無理はなくなるはず。
メモリも今お買い得価格になってきてるので、4G増設しても1万円切ってますしね。
Mac使いながら、時々Windowsで作業したい、Gyaoとか見たい、と言う方にはベストチョイスでは?とにかくセット商品でお買い得になってるのが導入しやすいのでは?Parallels Desktop 4.0 for Macicon(\10,000程度)とかだとこれ以外にWindowsVistaなりが必要になるので結局非常にお高く付きます。
3)CrossOver Mac 7 Proicon ×
費用:\8,800(CrossOver Mac 7 ProiconJust MyShop
最近バージョンアップしたようですが、相変わらず使えるのはWindows98ベース。おまけでWindows2000も使えるけどこれは殆どおまけ。当然Gyaoではサポート対象外。よって見れない…。Flashも見れない…。
ってか今時のサイトは全滅。要するにBSDベースのエミュレータ(X11システムまんまのUI。しかも中途半端なのでウィンドウサイズが内容とフィットしていなくて、肝心の操作ボタンが見えなかったり途切れてたりする事が頻繁に発生)
一体、何の為に使うんだろ、と思ったけど。
要するに、昔Windows使ってた人が過去の遺産を引っ張りだすのにとりあえず動かすっていう使い方なのだろうと推測。
現時点のWindowsを使いたい人には全く不向き(というか使えない…)
インストール可能なアプリが限られているので、自分が使いたいものがその中にあるか良く確認してから購入すべし。
一番、環境構築費用は安価だけど、要するにそゆことです。
てなわけでまとめ。
昔使ってたWindows98の資産とかも一回使ってみたい懐古派の方以外は、VMwareFusion+増設メモリ+DSP版Windowsっていうセットがベストではないかなあ。もちろん、DSP版WindowsはBootCampに放り込むわけですので、当たり前ですが、その際にはウィルス対策ソフトも一緒に購入する事をお忘れなく!
——

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Follow me!


Gyao視聴環境覚書(続・マカーだってGyao見たい)” に対して1件のコメントがあります。

  1. しまはら@MacSalon? より:

    ご無沙汰です.
    たとえば..プアマンズエミュレータ?でもないですが..VirtualBoxとかどうでしょ?^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。