ワタクシのセキュリティ対策は、大昔からノートン先生にお願いしているのですが、ここ何年かの経験上、Mac最新OSへの対応が非常に哀しいほど遅い…のです。
この度も、ノートン・インターネットセキュリティ Mac版Snow Leopardに限定対応。せっかくノートン・アンチウイルス for Macからわざわざノートン・インターネットセキュリティ Mac版へ切り替えたのですが!今のところ、SSnow Leopardに対応してるのは(動作するのは)ノートン・アンチウイルス for Macの機能の一部だけ、の模様です。
これは、所謂、スタンダードになってる他のもろもろのソフトに言えることですが…
昔はMac版しかなくてさ!!MacのGUIの世界で、Macユーザーと共に進化してきたのに、なんで2000あたりから窓に乗り換えてるんだよ~~~!!
それがまさにセキュリティの重要性が高まっていく時期と重なってるなんてっ!
Windows7には早々に対応済みなのに、なんでSnow Leopardにはなかなか対応してくれないんだよ~~~っ!!!
前回の時と同様、きっと次期OSになるまできっと対応してくれないんだわ(T.T)
ちなみに、他のセキュリティソフトの対応具合はどうかと確認してみると…
ウイルスバスター2010(一年版\4,980、二年版\8,980、三年版\11,800)
MacとWindowsの両方に対応していてライセンス3本分インストール可能。
Mac版の機能は限定的だけど、フィッシング詐欺や有害サイトブロックなどもある模様。当然ウィルス対策もね。
Snow Leopard対応は10月になるようだけど、とりあえずウィルス対策しか動かないノートン先生よりも当面お役立ちかも。
昔は窓用というイメージ強かったけど、意外にMac版にも力入れてきてる模様!
一時期撤退が噂されたノートン先生よりも頼りになるかもしれないですね。
※上記価格はトレンドマイクロ直販サイトからのダウンロード版購入価格。
インターネットセキュリティバリア X5 プラチナエディションicon(1年1ライセンス\19,800)
こちらはMac用なので、すでに全機能がSnow Leopard対応済み。総合セキュリティ対策ソフトとして複数のソフトウェアから構成されているんだけど、スパム対策、バックアップ対策までやってくれるので、本当の意味での「総合」セキュリティ対策ソフトですね。
今のところ、他のソフトウェアではそこまでやってくれないので、Mac用のセキュリティ対策ソフトとしては唯一のものですね。
ちなみに、自分はそこまでいらんよ、って方向けに個別の商品としても売られてます。
ウイルスバリア X5
ネットバリア X5
パーソナルバックアップ X5
パーソナルアンチスパム X5
ファイルガード X5
コンテンツバリア X5
インターネットセキュリティバリア X5 アンチスパムエディション(1年1ライセンス\12,800 現時点で品切れ)
→バックアップはMobileMeでやってるからいらん、スパム対策はほしい人向け
インターネットセキュリティバリア X4 バックアップエディション(1年1ライセンス¥12,800)
→スパムはメーラーに任せてるからいらん、でもバックアップはほしい人向け
※上記価格はact2.comからのダウンロード版購入価格。
Kaspersky Anti-Virus for Mac(Macintosh版)
こちらは窓版で定評があるKasperskyから新たに発売される期待の新星。
2009年11月13日(金)発売なので、当然Snow Leopard対応済みのはず(動作環境がMac OS X 10.4.11 以上との記載あり。Snow Leopard対応済みの記載は無いけど…)
機能的にはウィルス対策に限定されるようだけど、値段的には一番お手軽で1年1ライセンス\4,095(ダウンロード版)で他にATOKユーザとか窓版ユーザには割引価格での提供もあるらしい。これはジャストシステム直営オンラインサービスサイト「Just MyShop」からの購入の場合。ジャストシステムって、窓版ソフト専用会社と思ってる方が多いかもしれませんが、実はMac向けの製品も意外と扱ってるのです。ATOKだってSnow Leopardに早々に対応しましたしねv
Macのソフトが大集結 「Mac Fair 09」こんなコーナーなんかもあるので、意外な掘り出し物を見つけられる可能性もあり!
いろいろと見比べてみたい方には、Apple Storeを利用すると良いかも。未発売のKaspersky Anti-Virus for Mac(Macintosh版)以外、ソフトウェア>ユーティリティのコーナーで販売されてます。
とりあえず、使い比べてみたいという方は、それぞれの直販サイトから落として来てみると良いでしょう。ただし、セキュリティソフトは別のセキュリティソフトと同時にインストールできない(出来るけど動作が危なくなるので要注意!)ので、かならず現在使用中のものを一旦無効にしてアンインストールしてから新規にインストールしましょう。試用版を使ってから、ライセンスだけ購入すると割引があったりする事もあるので、それもチェック!ですねvv
とりあえず、私はノートン先生の今後の予定を調査してから、どうするか検討したいと思います。私の場合、Mac版とWindows版と複数ライセンスが絶対に必要なので、その辺りも鑑みつつ、見てみようと思います。
窓版(Windows版)は現時点では、ノートン先生が最速だし、軽いんだよなあ…。
VMwareで窓起動することが多いので、メモリ喰う量と速度は非常に切実だったりするんだよなあ…。
Windows版との相性とか、ライセンスの購入方法と割引とかよく考えないと、後から後悔するからなあ…。う~~~ん…
とりあえず、比較表でもこないだゲットしたNumbersで作ってみようかしらん(笑)

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview