CMS選定の際の参考サイト

PHPで作られたCMSに限るけど、膨大な量の情報を集めて、各CMSのオフィシャルサイトへのリンクはもちろん、デモも体験できちゃうというすぐれものサイト。
以前にブクマしといたけど、やっぱ便利。
OpenSourceCMS:http://php.opensourcecms.com/(英語サイト)
ここでのCMSの投票数を見ると、一番人気はDrupal。
まあ、ここに来る人はそういう人なんだって事だろうと思うけど、海外でのDrupal人気はやっぱり強い。
ちなみに二番手はJoomla。これもやっぱり納得。
意外だったのは、MODx、ConcreteがWordpressより上位に上がってること。
CMSというカテゴリから見ると、Wordpressは機能が弱いからだろうか?
Geeklogもかなり下位になっている上に評価も低かった。
設置がいろいろ面倒な上、カスタマイズもしにくいからか?とも思ったが、この辺りはどうなのだろう。
そして、日本ではほとんど見かけない割と新参なPHP-Fusion、CMS Made Simpleが三位、四位になってるのも驚いた。
最近は文字コードもUTF-8で作られてるものが多いから、マルチバイトの問題はほとんどなくなったけど、やっぱり日本語のリソースが少ないというのは日本での普及の壁になるんですね。
こうなるとやっぱりJoomlaかDrupalで組むというのも考えるべきか。
Drupalは、なんでも出来るけど、なんでも出来るだけに情報量も何もかもが膨大すぎて、取捨選択するのが大変というイメージが強い。
Joomlaは、わりと重いというイメージがある。
いずれも最近触った感触ではないので、PHP5になってかなり情勢が変化したことを考えると、進化してるのかも。
どちらもインストールは楽なので、もう一度入れ直してみるか。
ただ、両方ともプラグイン関係の情報は日本語の情報が少ないので、必要な機能を揃えるのに英語とお付き合いしなくちゃならない。
日本語ドキュメントが豊富なWordpressとかと比べると、そういう意味ではちょっと面倒。
さて、どれを使うか…。
非常に迷うところです。
(というかますます迷宮に入ったというか…orz)

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。