メインマシンを綺麗にしたついでにセキュリティソフトもちょっと試しに変えてみた。
これまで使っていたノートン先生(ノートン・インターネットセキュリティ Mac版)から、いち早くLion対応したウイルスバリア X6(¥4,980<-9月11日までのLion発売記念キャンペーン価格)に変更してみたのだ。 確かにこれMac専用に作られているだけに非常にわかりやすいインターフェースで使いやすい。 ウイルスバリア X6はほぼ毎年のようにバージョンアップを重ねている上、開発元のIntego社からは他に迷惑メール対策、バックアップ対策等のソフトも開発していて、総合セキュリティソフト「インターネットセキュリティバリアX6」としてセット売りもある。
総合的に使いたい人にはコストパフォーマンスの面でも優秀だろう。
なんせスパム対策、セキュリティ対策、バックアップ処理等全部含めて¥12,800だ。
MacでWindowsOSを走らせている人なら、デュアルプロテクション版という選択肢もある。
ノートン先生が、Macを見捨ててWindowsに走った為(/_;)、近年Mac版の機能がどんどんそぎ落とされていってしまい、さらには肝心のLion対応もまだという状況(公開されているベータ版では対応している。というかLion専用になってる)の昨今。ノートン先生から他へ乗り換える人も多かろうと思われる。
そんな中の有力候補であることは間違いない。
ただし、要注意(^_^;
私がこの「さくらのブログ」の編集画面を表示できなくなったのはどうやら、このウィルスバリアの強力なバリアが原因らしい。
先日この件について、さくらインターネットに問い合わせまして、その回答が来ました。
その中に現象再現できず、セキュリティソフトが原因ではないかとの指摘がありました。
そこで、ウィルスバリアX6を無効にしてみたところ、ようやく編集画面が表示されるようになったというわけです。
(だから更新できるようになった訳ですね)
もしかすると、ウィルスバリアの設定をいろいろ調整すれば、影響をなくすことができるのかもしれないけど、そこまでは今回調査できませんでした。
とりあえず、この問題が有る限り、このさくらのブログを使い続ける限り(って今更記事を写すのは非常にしんどい。なんせ記事数も多い上に画像等も多い。まともにエクスポートできない)、私は便利なウィルスバリアX6の恩恵を被ることはできない模様(/_;)
私以外にも同様の現象に当たった方がいらしたら、是非、対応を教えて頂きたいところです。
とりあえず、私的には一端ノートン先生に戻そうと思います。
(でもこっちもなんか挙動不審というかLiveUpdateが正常にできなかったんだよなあ〜)