やってもーたキーボード浸水

というわけで、やってもーたです。
MacBookAirのキーボードにビール飲ませちゃいました(;^^)ヘ..

トラックパッドも、キーボードも応答しなくなって、プチパニック。
キーボードが応答しないので、当然いつものCtrl+alt+escも効かない。
とりあえず、電源コードは引っこ抜いておいて、逆さにして、ぶんぶん振ったですよ。
そしたら、涙のようにぽしぽしとビールが降ってきました(涙)

しかし、当たり前ですが、それじゃ治らない。
別のマシンで「キーボード ビール 浸水」で検索したところ、逆さ(Appleマークのある方を下にして平らにしておく)にしておくと、症状が改善されることがある事を発見。
早速、キーボードと画面の間にティッシュを数枚しいて、逆さにしておいてみました。

待つことしばし…
(この間数時間)

治ってるといいなあ、という微かな希望を持って、開いてみると、ティッシュが若干濡れてる。
そんで、スリープから起きたマシンの画面上には、
「キーボードとマウスが見つからない」旨エラーが表示されてました。

こりゃ、キーボードとかトラックパッドの接続部分が逝かれたか、と思ったけど、検索した情報では一週間ほどおいたとかいう情報もあったので、また逆さに戻して、とりあえずそのままで一晩寝かせました。

明くる朝。

見てみると、今度はなんとトラックパッドとキーボードは見つかったらしく、昨日の警告画面は消えてるではないですか!
こりゃ良かったヽ(^o^)丿
そう思って、治ったと喜んだ時期が、私にもありました…orz

世の中そんなに甘くない。

キーボードとトラックパッドは見つかって、接続も上手くいってるのですが、キーボード上のいくつかのキーが反応しないことに気がつきました。
だってログイン出来ない!
あれあれ?と思って見たら、押してるはずのキーに対応する文字が出てこない。

例えば、私のログインユーザ名が「umiko」だとすると、「k」のキーボードが応答しないわけです。
当然ユーザ名をちゃんと入力出来ないから、中には入れない。
これはイタイ!!

で、次はどうするか。

次なる手段は、分解!です。
禁断の一手ですね。
MacBookAirの分解には特殊なドライバーが必要なんですが、大昔になんかそれらしきものを購入した記憶があるような…
引き出しを探って、取り出したるは★みたいなカタチしたドライバーと精密機器用のドライバー一式。
これで勝つる!
そう思ったです。

ええ、思っただけで終りました。
大昔のドライバーが最新のMacBookAirに立ち向かえるわけがなかった。

結局、幾ら待っても、キーボードは治りそうにないので、明日には最寄りの修理センターに持ってくことに決めました…(涙々)
ちなみに、これの修理代って、どのくらい(時間とお金が)掛かるんだろうか。
MacBookを買うと決めたその直後にこういう事故(?)が起こるなんて、なんかMacBookAirからの某かの作為(悪意?)を感じるのですが、そういうことってあるんだろうか…
どなたか、そういう某かのもろもろを回避するすべをご存知の方、いらっしゃいましたら、是非教えてくださいませ<(_ _)>

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。