どこかで書いたかもしれませんが、私、一応、帰国子女なのです。
とは言え、小学校低学年をアメリカで過ごした程度なので、英語がちょっとだけラクチンだったという事、わが家族がちょっとばかりアメリカナイズされたとこがあるって事程度のことだったと思っていました。

先日、バンクーバーオリンピックの終了と前後して、エア・カナダのカルガリー直行便が就航すると知り、そのアメリカからの帰国の途中で旅したカナディアンロッキーの大自然を思い出しました。
帰国直前の夏休み、約一ヶ月の素晴らしい日々は、どこかの広告ではないですが、本当にプライスレスな得難い両親からの贈り物だったと。
あれは、アメリカから日本に帰国する直前でした。
父が一ヶ月の休みをもらえることになり、最後にアメリカ大陸を旅行をして帰ろうという事になったのです。南周りにするか、北回りにするか、最後まで悩んでいたようですが(父は最初からカナダ希望)、結局、東海岸の住んでいた州から北上し、カナダへ、カナディアンロッキーを巡る旅が決まったのです。
当時はディズニーランドを逃したことに非難囂々だった、私たち弟妹ですが、ケベックからモントリオール、更にカルガリーへ飛び、そこで借りたキャンピングカーを見た瞬間に、そんなものはどこかに行ってしまいました。
そう!
このカナディアンロッキーを巡る旅は、なんとキャンピングカーでカルガリーからバンフ国立公園、ヨーホー国立公園などを巡り、更にエドモントンまでぐるっと二週間以上掛けて巡る旅だったのです。

より大きな地図で カナダディアンロッキー縦断 を表示
毎日がキャンプです!しかもあこがれのキャンピングカー!
キャンピングカー 道

小さいけれどバスもトイレもあるし、運転席の上にはロフトもあります。台所だってありました!子供が夢中になるのも当たり前です。
日々出会う雄大な大自然、山や川、湖、そして氷河。
山々 滝 
氷河の氷を食べたりもしました。
氷河2 氷河 CAN 624.jpg
TAKAKKAW FALL no-title
動物との出会い。
カリブーだって、ビーバーだって、牛だって見ました!グリズリーにもニアミスしました!(リスやウサギなどは住んでいたところにもいましたが、こちらにも当然いました)ビーバーのダムを間近に見たりもしました。ビーバーは働き者なのです。

いろいろな鹿もいました。

鹿 道路を通る鹿 鹿

バッファロー。

バッファロー バッファロー2

そして鳥たち。

鳥 CAN 425.jpg
見たこともない生物も…
かえる
川が近ければ、父と弟が釣りをして、ニジマスを初めとした魚を釣って、それをバーベキューで食べるのです。
もちろん、川遊びもし放題です。緑深い木々と湖や川。
水遊び no-title
そうそう温泉にも入りました。水着着用で!
温泉
当時は自覚していませんが、よく考えれば、あんな素晴らしい体験、普通だったらまずできません。

お花畑 日暮れ CAN 674.jpg

ふと気がつくと、当時の両親の年齢を超えてしまっている自分。もうはれから四半世紀も経過しているのです。

それでも氷河で「三本の鳥の指が、もうすぐ二本になってしまうだろう」とガイドに言われたこと。
釣り上げたニジマスの元気の良さに負けそうになったこと(実際に何度か糸を切られた)。

どのキャンプ場へ行っても整備されているゴミ捨て場と汚物処理施設とゴミなんかどこにもない大自然。
キャンピングカーのロフトで寝ながら見上げた星空。
ヒッチハイクのカップルをピックアップしたこと。
そして、日本に帰ってきても残っていた、カナディアンメープルが描かれた水着の日焼けの跡、白い部分だけ焼けてお腹に残ったメープルの葉っぱの形。
カルガリーに戻ってきて、キャンピングカーを返したときの寂しさ。
全部が、宝物として、私の中に残っているのです。

あれから、四半世紀以上、大人になった私の目はどんなカナダを映すのか。どう感じるのか。
あんな体験はもう無理だろうけれど、もう一度、あの大自然を体感したいと願っています。

折りしも、3月28日からカルガリー直行便がエア・カナダにより就航する。
私達家族は、カルガリーからバンクーバー経由で日本に帰国したけれど、帰り着いた時は深夜でそのままタクシーで横浜まで帰ってきました。
(アメリカに行くときはなんと羽田から旅発ちましたのですよ!)
今度はノンストップ直行便が就航したことで、当時からは信じられないくらいの短時間で東京から一気に大自然のまっただ中のカルガリーに飛び込めるようになったのです(しかもきっと当時から比べたら格安のお値段で!)。

もう家族で行くことは無理だろうけれど、一人で旅するのもきっとステキなのではないかと思い描いています。
今度はスケッチブックをお供にして!いつかきっと!

エアカナダ リンクシェア レビュー・アフィリエイト