すごいよ、超高速Let'sNoteサポセン

というわけで、いかれた~、と嘆いていたLet’sNoteが、
もう修理されて今朝早々に帰ってきました
めっちゃ早!(二泊三日の旅でした)
しかもしかも~~~っ!
修理代タダぴかぴか(新しい)でしたっ!
リフレッシュサービス直後の故障だったからでしょうか?
それとも、無償修理期間が私の認識と違っていた?
とにかく、送料も工賃も全部、タダ。
無償修理して頂きました。
パナソニック神戸工場方向を向いて拝んでしまいそうだよ。
絶対、4、5万は掛かると思ってがっくり来て、嬉々としていじいじとレッツノート直販サイト「マイレッツ倶楽部」で秋の新製品チェックとかいれちゃって、Wシリーズ最新機種(CF-W7)かな~、とかカスタマイズモデルの価格シミュレーションしながら思っていたですよ。
(ちなみにベース価格は252,950円 OSがWindowsXP-ProかVista-Businessなところがグッジョブ手(グー)
結局、ハードウェア側の故障(DVDドライブの配線切れ)だったらしく、配線部分だけ交換されて帰ってきました。
今は快調!スバラシイ!ぴかぴか(新しい)<タダだったのが、よほど嬉しいらしい…
そんなわけで、Let’sNoteの方は実に維持費にお金が掛からない子かわいいとしてまだまだ可愛がって使おうと思います。バッテリだけはリフレッシュサービスのおまけ価格でまだ購入できるので、買っとこうかと思いますが、VistaのSPとかが出て、安定するまでは窓マシンはこれで行くことになりそうでするんるん(多分後二年くらい?5年使う感じで)
そして、次に買うマシンも絶対同じシリーズですね手(グー)
いやあ、Let’sNote、本当に良いですね~るんるん
故障の電話して(24日夜)、引き取り予定連絡があって(25日昼)、引き取ってもらって(26日昼)、帰ってくる(28日朝)までに5日。これってそうそうない早さじゃないでしょうか?(帰宅便はエクスプレス指定されてました)
このサービスのきめ細やかさが、「長く大切に使おう」そして「次も同じの買おう」という愛着につながって行くのですね。
さすが商売の神様、松下幸之助の松下イズムの伝統、と言ったところでしょうか。
「あっかるいナッショナ~ルひらめきの伝統ですね。
※ちょっとべた褒めしすぎたかな(^^;
でも、無償修理とサポセンの対応の早さ、軽さとバッテリ性能と堅牢性(Let’sNote新モデルはなんと多少水とかこぼしてもOKだそうですよ!)、
まさに『使える』最強のモバイルマシンだと思う訳です。
ホント、自信もってお薦めします。
日経パソコンの総合満足度1位なだけある!っていうか私的には当たり前の評価だよ。)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる